人気ブログランキング |

2005年2月16日にミニアルバム「惜春」でソロデビューした山本サヤカさんを応援するサイトです。


by hachi-waru-rock
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イベントレポ:3/15 chocolate mix@高田馬場CLUB PHASE

山本サヤカさんが、高田馬場CLUB PHASEでのchocolate mixに出演との事なので、出席してきました。

サヤカさんがchocolate mixへ出演するのは去年のGW以来2度目となりますね。(CLUB PHASEでの出演は、9月のLive DEPT.4 #1以来ですが)

会場である高田馬場には、ちょっと早めに到着。
開場時間になっても、お客さんの数は30人くらいだったでしょうかね。(まっ、平日の早い時間に高田馬場に来れる人は、そうそういないでしょうけど)
ってな感じで、普通に最前列の中央左より(サヤカさんの場合コーラス側)を確保しました。

開演時間前に、OpeningActの響子さんのステージがスタート。ギター1本でロック系の楽曲を3曲ぐらいだったかな。
個人的には悪くない感じでしたね。

続いて本編

1組目は「甲斐名都」さん。お名前は、なんとなく事前に聞いた事があったんで、興味ありでした。ピアノの弾き語りで、数曲。ルックス的にも楽曲的にもイイ感じでした。

2組目は「柳田久美子」さん。この方もお名前は。体に比べると大きなギターをしょって、サポートメンバー2人とのステージでした。
(一昔前の永井真理子っぽい気が)

3組目は「清家千晶」さん。まずは、その衣装に驚かされましたが、楽曲的にもちょっと暗目かなぁ。

4組目は「有希」さん。アキバの路上で歌っているシンガーソングライターとのことで、ご熱心なファンな方々がいらっしゃって賑やかでした。しかし今回はしっとりとした曲中心のセットリストにしたそうです。

で、5組目。今回も、トリでの出演となった「山本サヤカ」さん。

まずは、サヤカさんの楽曲としては希少な軽快なリズムとメロディが。イントロに合わせて、会場中から自然と手拍子が。久しぶりとなる1st『惜春』からのナンバーとなる『東京だより』。
まっ、事前に昔の曲をやるような事を聞いていたんで、季節的にはこの曲か、「~弥生~」だろう。って思いはありましたけど。
久しぶりに聞きましたけど、やっぱり成長が感じられますよね。

ここで、MC。
3/23発売のミニアルバムから3曲聞いて下さいとの事

で、2曲目は、『あの日の傘と初恋あざみ』

3曲目。「大嫌いだった♪」で始まるこの曲は、サヤカさんが共作で作詞に挑戦した楽曲『卒業証書』

4曲目は、こちらも作詞にチャレンジした『たんぽぽの綿』

新曲3曲を歌い上げ、ここで再びMC。

で、4曲目。やはり春と言えば、ずばりこの曲。『僕らは弥生の風の中』春らしい軽やかなメロディーに乗せて。

歌い終わると最後の曲である事を告げて、新作のタイトル曲である『つくしの言伝』を。
何回かPVを見て、ちょっと聞き込んだ曲。
水の音が流れるイントロが、「春の野山に雪解け水が流れる感じかなぁ」と思いつつ。生歌での新曲初披露に酔い痴れる自分。

歌い終わると、ステージを去って行くサヤカさん。
幕が下り、会場内からアンコールを求める手拍子がチラホラ。しかし願いも空しく…


終演後、ロビーでは共演したアーティストさん自らが、CDの即売や自身の次の公演のチケットを売る姿が。
しかし、そこに山本サヤカさんおよび関係者の姿は無く…。
新作は発売前だから無理だとしても、今までのCDを売れば良いのに…。サンプルCD配るとかね。
まっ、次回23日は、今日聞けなかった曲や物販に期待してます。


-出演順-
OpeningAct.響子
1.甲斐名都
2.柳田久美子
3.清家千晶
4.有希
5.山本サヤカ

-セットリスト-
1:東京だより
~MC~
2:あの日の傘と初恋あざみ
3:卒業証書
4:たんぽぽの綿
~MC~
5:僕らは弥生の風の中
~ミニMC~
6:つくしの言伝


-山本サヤカ隊-
 山本サヤカ(ボーカル)
 まいまい(ピアノ)
 キャピ(コーラス)

-山本雑貨店-
休業

-御付きの方-
かおりんマネ
スマイル君


サヤニューが配付されてたみたいですが、残念ながらもらえませんでした
c0050535_1353321.jpg

c0050535_13533210.jpg

by hachi-waru-rock | 2006-03-17 13:53 | イベントレポ